EC2の最適なインスタンスタイプを選ぶ - とりあえずの気持ちでEC2を利用する

EC2の最適なインスタンスタイプを選ぶ

img-1

EC2のインスタンスにはいくつかの種類があります。



第1世代スタンダードインスタンス、第2世代スタンダードインスタンスに加えて、ハイメモリ、ハイCPU、、クララスターコンピューティング、クラスターGPU、ハイI/O、高密度ストレージ、ハイメモリクラスター、ti.microの10種類があります。



第1世代スタンダードインスタンスは、平均的なスペックだと考えれば良いでしょう。



ほとんどのアプリケーションに対応していると考えられます。



第2世代スタンダードインスタンスは、第1世代に比べるとCPUのパフォーマンスが高いです。



ですから、CPUを多く利用するプリケーションに適したものだと考えられます。


データベースを利用するときにはメモリを多く利用します。



他にもメモリを多く利用するアプリケーションを使うのなら、ハイメモリのインスタンスを利用するのが良いです。



大きな計算能力と高性能ネットワークを必要とする場合、クラスターコンピューティングのインスタンスを利用すると良いです。



このように、それぞれでインスタンスタイプの特徴は異なりますから、EC2でどのようなアプリケーションを用いるのかによって選び方は異なります。

良い方法としてはテストインスタンスを作成して、実際にアプリケーションを起動させてみることです。

こうすることによってEC2のインスタンスのタイプの中で最も適したものを選ぶことができるようになるはずです。

関連リンク

img-2
EC2のシステムの読み込みとAMI

EC2ではOSを含めたソフトウェアについて、先にインスタンスを設定しておくことができます。これがアマゾンマシンイメージ(AMI)と呼ばれるシステムです。...

more
img-2
EC2の品質について

EC2を利用する際の品質については、それがメリットだと言われることもあればデメリットと言われることもあります。品質そのものが優れているのか、それとも劣っているのかということよりも、品質を向上させられないと言うことが問題になっていると考えておいた方が良いです。...

more
top