EC2のサインアップと余剰資産

img-1

EC2の利用を介すするためには、まずサインアップが必要です。

そのためには、まずAmazonWebServicesのアカウントが必要となりますから、先に作成しておくと良いです。



アカウントを作成した上で、EC2にサインアップします。



このときには、電話番号を入力することが必要となり、その電話番号が正しいものかどうかの検証がなされます。



これは連絡先を確保するためです。



何らかの理由で連絡を取らなければならないことがあります。

サーバが異常な動作を行っているといった場合には、Amazonから連絡をくれることがあります。
この際に連絡を取るラインを確保しておく目的で、電話番号の確認が行われるのです。



登録を行っている手続きの中で電話に出るという操作が必要となります。
そして、プッシュで確認のための番号を入力するだけですから、実際にかかる手続きは数分です。


EC2を利用することによって、余剰資産を持たなくて良いというメリットがあります。



小規模なシステム開発者は大規模なシステムを持っていません。
予期せず負荷が急上昇した場合には、それに耐えられるようにしなければなりませんが、そのためには余剰のリソースを抱えておくことがかつては必要とされました。
EC2を利用していれば、負荷が急上昇したときにはすぐにインスタンスを増やして対応すると言ったことが可能です。



ですから、余剰資産を持つ必要はなく、経営をスリムに行うことができます。



関連リンク

img-2
EC2の品質について

EC2を利用する際の品質については、それがメリットだと言われることもあればデメリットと言われることもあります。品質そのものが優れているのか、それとも劣っているのかということよりも、品質を向上させられないと言うことが問題になっていると考えておいた方が良いです。...

more
img-2
EC2の最適なインスタンスタイプを選ぶ

EC2のインスタンスにはいくつかの種類があります。第1世代スタンダードインスタンス、第2世代スタンダードインスタンスに加えて、ハイメモリ、ハイCPU、、クララスターコンピューティング、クラスターGPU、ハイI/O、高密度ストレージ、ハイメモリクラスター、ti.microの10種類があります。...

more
top