EC2の品質について

img-1

EC2を利用する際の品質については、それがメリットだと言われることもあればデメリットと言われることもあります。



品質そのものが優れているのか、それとも劣っているのかということよりも、品質を向上させられないと言うことが問題になっていると考えておいた方が良いです。



そもそもEC2のサービスは仮想専用サーバであるという点に注意が必要です。



仮想専用サーバですから、仮想空間の外側には物理サーバがあります。



仮想サーバに対してはルート権限を持って色々な工夫ができますが、物理サーバについては何もできません。この部分はアマゾンにしか設定できないのです。
ですから、たとえばパフォーマンスを最大限まで引き上げようと思った場合でも、物理サーバの制約によって上限が限定されてしまうことにもなりかねません。

稼働率を上げたいと思っても、仮想サーバがどれだけ安定していたとしても物理サーバが落ちることもあり得ることでしょう。
EC2の品質はかなり高い水準を維持していると考えられますが、利用の目的によってはそれでも不十分だと思うこともあるでしょう。



特にクリティカルなサービスを提供しているのであれば、EC2はあまり適していないでしょう。


ただ、ある程度の品質は確保していますから、よほどのサービスでなければ十分に利用できます。



これだけの規模を持っていてここまで品質の高いサービスは他にはないでしょう。



品質に不満を感じるのはごく一部の企業でしょう。



関連リンク

img-2
EC2のシステムの読み込みとAMI

EC2ではOSを含めたソフトウェアについて、先にインスタンスを設定しておくことができます。これがアマゾンマシンイメージ(AMI)と呼ばれるシステムです。...

more
img-2
EC2の最適なインスタンスタイプを選ぶ

EC2のインスタンスにはいくつかの種類があります。第1世代スタンダードインスタンス、第2世代スタンダードインスタンスに加えて、ハイメモリ、ハイCPU、、クララスターコンピューティング、クラスターGPU、ハイI/O、高密度ストレージ、ハイメモリクラスター、ti.microの10種類があります。...

more
top