EC2のシステムの読み込みとAMI - とりあえずの気持ちでEC2を利用する

EC2のシステムの読み込みとAMI

img-1

EC2ではOSを含めたソフトウェアについて、先にインスタンスを設定しておくことができます。

これがアマゾンマシンイメージ(AMI)と呼ばれるシステムです。



AMIには基本的なパッケージが含まれていて、インスタンスを起動するために必要なものはすべて含まれています。



AMIは一つだけ持つこともできますし、複数のAMIを持つこともできます。



たとえば、ウェブサーバのAMIとメールサーバ、アプリケーションサーバ、データベースサーバのAMIを別々に持つことができるのです。


EC2のAMIは最初から提供されているものだけでも利用できますが、カスタムして用いることもできます。
この場合、AMIツールを利用してS3にアップロードしておく事が必要とされます。



AMIをすべて自分で作成しなければならないのではありませんし、EC2が準備したものを使わなければならないわけではありません。



AMIは色々なところで公開されていますから、これらを利用することによって自分の欲しいサーバイメージを実現できます。



たとえば、Linuxの基本的な部分だけから始めたいといった場合、Linuxディストリビューションの基本となるAMIを選ぶことができます。このインスタンスを作成してから色々な機能を付加していくと言ったことも可能です。



なお、作成に関してはルートデバイスにイメージをバンドルしておけば、コンソール画面でコマンドを利用できますから、作成は簡単です。



関連リンク

img-2
EC2のサインアップと余剰資産

EC2の利用を介すするためには、まずサインアップが必要です。そのためには、まずAmazonWebServicesのアカウントが必要となりますから、先に作成しておくと良いです。...

more
img-2
EC2の品質について

EC2を利用する際の品質については、それがメリットだと言われることもあればデメリットと言われることもあります。品質そのものが優れているのか、それとも劣っているのかということよりも、品質を向上させられないと言うことが問題になっていると考えておいた方が良いです。...

more
top