とりあえずの気持ちでEC2を利用する

とりあえずの気持ちでEC2を利用する

img-1

EC2のサービスを本格的に使っている人もいますし、EC2を一時的なものとして利用している人もいます。

利用の仕方には様々なものがあるのですが、いざというときのことを考えれば、EC2の契約をしておくメリットは大きいでしょう。



基本的には従量課金です。



従量課金ですから、使った分だけ料金を支払うことになります。



ですから、もしも使わなければ一切料金を支払わなくて良いというメリットがあるのです。



初期費用や維持費は必要ありませんから、サーバインスタンスを立ち上げていない場合には、支払う料金は発生しません。



とりあえず契約しておいて、いつでも使えるようにしておくのは良い方法の一つです。

もしもサーバが急に必要になった場合には、すぐにサーバインスタンスを作成できますから、物理サーバを増設するよりもスピードは速いです。

たとえば、明日の朝までにサーバを増強しなければならないという状況の時に、物理サーバを探し回っていたのでは間に合わないでしょう。



いざというときには、EC2ですぐにサーバを増強できます。



もちろんですが、ある程度の操作方法は把握しておかなければなりません。基本的にはウェブサービスAPIでサーバインスタンスを作成すれば、その後はルートアクセス権限を用いて設定できますから、たとえば現在使っているサーバと同じ環境を構築するのも難しいことではありません。先に登録をしておけば、いつでも登録したサーバインスタンスを作成できるというメリットもあります。



関連リンク

img-2
EC2のサインアップと余剰資産

EC2の利用を介すするためには、まずサインアップが必要です。そのためには、まずAmazonWebServicesのアカウントが必要となりますから、先に作成しておくと良いです。...

more
img-2
EC2の品質について

EC2を利用する際の品質については、それがメリットだと言われることもあればデメリットと言われることもあります。品質そのものが優れているのか、それとも劣っているのかということよりも、品質を向上させられないと言うことが問題になっていると考えておいた方が良いです。...

more
top